ハト被害者と管理会社のハト対策の差

入居者様は、ハト被害について、日々、24時間困っている。

大きなストレスを抱えての暮らしです。

我慢して限界で管理会社へ、「なんとかしてくれ!」と電話相談。

20130124133405

管理会社は、一応、現状を見には行く(そのエリアの担当または、掃除担当など)様ですが、

現実、部屋の中に入って見るわけでもなく、外からの状況で判断。

場所に寄ってはみえない。(ベランダの中など)

なので、大したことないや!又は、現状の把握の希薄さが垣間見えるのです。

オーナー様にも言うわけにもいかない。となります。コレが解ってきました。

危機感がない。=費用をかける必要があるのか?(無駄な費用はかけたくないのです)

 

入居者様は更に大きなストレスが倍増します。

いつまでも対応してくれない。と怒りになるのです。

入居者様は、諦めないこと。何回も現状を言う、又はFAX・メールで写真付きで送るなどをおすすめします。

それでも他追撃しない場合、対処しない場合。

  1. 家賃を止める!などの告知しての内容を書いてもいいのかもしれません。
  2. https://hatoyoke.net/

を買いますのでご請求はそちらへ回します!ということも可能かもしれません。

内容証明で書くのがおすすめです。

そこまでしないと管理会社は動かない。そういう、管理会社が多いのがみえてきました。

どうぞ、感情的でなく、能力を発揮して頑張ってください。

 

 ハト被害のプロ

イズミ・インダストリーより