高層マンション 火災

【子もつ母の思い・行動】9階または10階から毛布のようなもので赤ちゃんをくるみ、放り投げた。女性の意図を察知したある男性が駆け寄り、赤ちゃんをキャッチした。女性はそのあと後ろに下がったが、安否は不明だという。「赤ちゃんは無事だった」とラムラニさんは話す。
日本では、建築基準法が非常にきびしくなっており、この様な火災は先ず、ありえないかもしえれませんが、1つ
イズミ・インダストリー代表が語るのは、皆さんが「ハト被害対策」で使用されている「ハトよけネット」=農業用網・スポーツ用の網をマンションやアパートに張っている場合は同じ状況が起こりえる!と語る。
農業用網・スポーツ用の網も石油系で火に油を注ぐ状況になる!と語る。

●イズミ・インダストリー実験】


建築基準法では、絨毯・カーテン・クロス等燃えにくい素材を義務付けている事。外壁の壁は、耐火性を使って居てもネットにより火災を拡大させると忠告を呼び掛けている。

日本でもここ数年、貧富の格差の声が起こっているが、わずか?¥70万を材料費を削減した為の火災事故となったのです。安いとは、一般的のどこの国でも、材料費であり人件費は削減は不可能である。
各自、業者様始めオーナー様が今回のロンドンの火災を教訓にされる事をオススメします。
安かろ!悪かろ!
が当たり前

イズミ #火災テスト #実験

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。